通学の防犯対策はいつでもどこでも出来ることがある

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供が家を出てから学校に到着するまでの間や、家に戻るまでの間に声をかけられる事案が発生し、登校時間であれば朝の8時頃が多く、帰宅では午後の15時から17時の間に多くなります。さらに、通学路の中に電車が含まれている場合にはとくに注意が必要です。帰宅時間が遅くなっても親が改札口まで迎えに行けない場合もあるため、対策はかなり重要になります。
子供が被害にあいやすい時の特徴は、帰宅時や学校へ行く際に1人になる環境です。複数人で行動をしている場合はまだいいですが、どのタイミングで1人になってしまうかわからないため、帰宅や通学時防犯も含めて対策をしておきましょう。また、各会社から提供されているサービスにも対策方法として利用できるものがあるので調べてみましょう。

家庭でもできるお手軽な対策方法

各家庭で簡単にできる通学時の防犯対策は、決まった通過地点での連絡とGPSの利用です。子供向けの携帯でもGPS機能がついているタイプはあり、毎日の決まり事として子供に教えることで簡易的な対策が行えます。また、同じGPS機能でも携帯電話ではなく、車や鍵の場所を把握するための専用チップを利用する方法もあります。安価で入手がしやすく、携帯電話のように年齢によっては持たせにくい場合でも利用することがメリットの1つです。
防犯を主体にサービス提供をしている会社にも、子供向けの対策方法を情報またはサービスとして利用することもでき、各家庭で行える対策方法の幅も広がっています。ただし、ある程度の年齢にいくと親に監視されていると思い嫌がる場合もあります。その場合は、どうして対策が必要なのかを丁寧に説明し重要性を認識させることが大切です。

家庭にあったサービスを上手に活用しよう

電車を利用して学校に通う場合に活躍するサービスは、何時に改札を通過したのかという情報を親が受け取ることができるタイプです。初期費用もなく毎月約500円で利用することができる親目線の安心サービスは、利用した駅に関しても細かく知ることができます。
例として電車を利用している子供に対してのサービスをあげましたが、時間や行動範囲をアプリで1つの情報として知ることができる安心サービスは様々な会社が提供しています。家から学校までの距離や、習い事などの距離や行動範囲を考慮したうえで利用するサービスを決めましょう。また、問題が発生した時にどのような行動を起こすかという点についても話しておき、季節や時間に応じた準備を子供と話し合いつつ整えておくことも重要です。

JR東日本のアプリで通知を受けることも可能となっております。 電車を利用する際に必ず使う「ICカード」で見守りができます。新しい見守り用の端末の購入は不要ですのでご安心ください。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 見守りサービスは、日本テレビ「シューイチ」で紹介されたメディア掲載の実績あります! 通学防犯サービスならまもレール!

ピックアップ記事

携帯をうまく利用する通学の防犯

時代が変わればという言葉をよく耳にしますが、一般の家庭においても他人事ではなくなっているのが今の時代です。子供は外で元気よく遊ぶというのは、まるで遠い昔のことのようになってきた昨今です。というのも、現...

通学する時における防犯上の注意点とは

小学校生活に入ると、自分で鍵を持って出かけたり、親が外出中に家に自分で戻るといった事が始まる時期でもあります。小学校中学年以降になると、学習塾へ電車を使って通学する児童が多いです。子供達が通学や通塾で...

子どもの通学や夜間の防犯対策を考えるのなら

日本は世界の中でも生活水準が高く治安が良い国と言われており、子どもや女性でも自由に外を行き来出来る環境が整っていると言えます。とはいえ、近年は女性や子どもがさまざまなトラブルに巻き込まれるケースもある...

通学に求められる防犯と見守りについて

子供を持つ親が心配な1つに通学過程があります。特に中学生以下の場合には心配も多く、ここでは防犯・見守りに関して考慮することが大切になります。これまでも送り迎えや、危険を感じたら店舗に駆け込むなどの指導...