携帯をうまく利用する通学の防犯

   

時代が変わればという言葉をよく耳にしますが、一般の家庭においても他人事ではなくなっているのが今の時代です。子供は外で元気よく遊ぶというのは、まるで遠い昔のことのようになってきた昨今です。というのも、現代は何かにつけて昔とは全くといって良いほど環境が変わり、それに伴って子供への安全が危惧されているのです。幼子と違って、一人歩きするような子供を一日中監視したり付き添うのは不可能であり、ましてや、学校へ登校するような年齢になれば親の手から必然的に離れます。子供の自立を願いながらも、現代における心配事には無関心でいられないのが家族というものです。家庭環境によっては家族が全員働いていてるために、家には誰もいなくて不在ということが多い家庭もあります。

今は通学での防犯対策が必要です

子供が一定の年齢になり学校へ行き始めると、親が付き添って送り迎えをするということが無くなります。小学生の場合は朝になると集まって集団登校をし、帰宅時にもやはり集団で行動するのですが、道沿いには横断歩道を安全に渡れるように取り仕切ってくれる人や、学校の先生といった人が付き添ったりします。しかし高学年の通学になるほど部活もあるので帰宅が遅くなり、一様に個々で帰路につくことが多くなるのです。小学生のころと違って人の目が子供につきにくくなり、他人の目で守られるということが薄れてくるのです。高学年ともなれば寄り道もすれば、友達の家へ行って帰りが遅くなることも出てきます。現代では何かしらの防犯のために、家族も色々な方法で子供への安全対策をしているのが現状です。

携帯への連絡を受けて一安心できる

家族の安全を守る方法の一つとして、現代に沿った守りのサービスができ、それがこの「まもレール」というサービスです。東日本旅客鉄道株式会社と、セントラル警備保障株式会社の共同事業によるものです。専門のプロの目からの守りができたことは、現代の状況においては朗報となります。どちらも専門性のある分野だけに信頼がおけると共に、今の風潮に合った守りとも言えます。この「JR東日本子ども見守りサービス」に登録することで、通学する子供の安全確認ができるのです。携帯には随時情報が送られるので、子供と離れていても安全が確認できて嬉しいサービスです。小学生の分野と高学年の分野があるので、それぞれ子供に合った登録をします。文明の利器を利用して上手く乗り越えることも一案です。

ピックアップ記事

携帯をうまく利用する通学の防犯

時代が変わればという言葉をよく耳にしますが、一般の家庭においても他人事ではなくなっているのが今の時代です。子供は外で元気よく遊ぶというのは、まるで遠い昔のことのようになってきた昨今です。というのも、現...

通学する時における防犯上の注意点とは

小学校生活に入ると、自分で鍵を持って出かけたり、親が外出中に家に自分で戻るといった事が始まる時期でもあります。小学校中学年以降になると、学習塾へ電車を使って通学する児童が多いです。子供達が通学や通塾で...

子どもの通学や夜間の防犯対策を考えるのなら

日本は世界の中でも生活水準が高く治安が良い国と言われており、子どもや女性でも自由に外を行き来出来る環境が整っていると言えます。とはいえ、近年は女性や子どもがさまざまなトラブルに巻き込まれるケースもある...

通学に求められる防犯と見守りについて

子供を持つ親が心配な1つに通学過程があります。特に中学生以下の場合には心配も多く、ここでは防犯・見守りに関して考慮することが大切になります。これまでも送り迎えや、危険を感じたら店舗に駆け込むなどの指導...


ポイント