通学する時における防犯上の注意点とは

   

小学校生活に入ると、自分で鍵を持って出かけたり、親が外出中に家に自分で戻るといった事が始まる時期でもあります。小学校中学年以降になると、学習塾へ電車を使って通学する児童が多いです。子供達が通学や通塾で電車などを利用する時には、正しい行先の電車に乗って、目的地までたどり着いたかどうか不安になっている親御さんが多くいます。安全対策をしっかりと行うには、子供と常に行動を共にするのがベストですが、仕事をしていたり下の兄弟がいると安全対策ができていないケースが多いです。小学生になると意思疎通はきちんとでき、子供一人だけでも行動できてしまう安心感も増えるのですが、不審者などの出現も考えられる昨今、通学時の安全対策や見守りをしっかりと行う必要があります。

防犯上の注意点を子供と共有しましょう

多くの小学生が学習塾に通っており、電車を使って一人で移動するケースが多いのが都心部です。子供が成長するのに伴い、電車の利用に不安を感じながらも防犯対策などがしっかりとできていない家庭もいまだに多いのが現状です。塾は、塾が終わるのと同時にメール配信サービスをしているところもありますが、電車に乗ったかどうかまでは把握していません。帰宅が夕方になると暗くなることも多いので、親が塾までの経路や注意点などをしっかりと把握し、子供と危険な点を共有することが必要です。特に電車を使い始めて間もないころは、親も同行し、かかる時間などをチェックしておくとよいでしょう。高学年になると過干渉にならないように、適度な距離感をもって子どもを信じて遠くから見守ることも子供の自立を助けるうえで必要です。

便利なツールを利用することで忙しい方にも安心です

いつでも親が側についていれば安心ですが、働いている方や色々な用事で忙しい親にとって子供が一人で電車に乗ってくれるのは助かります。鉄道の改札通過を知らせてくれるメールやアプリは忙しい親にとって大変助かるサービスです。このサービスで、子供が無事に電車に乗ったことが把握できるだけでなく、短時間で子供の居場所を確認することができます。自宅に居ながら、子供があと何分で駅に着くかわかるので、駅でのお迎えなどでも便利です。それらの情報を他の家族とも共有すれば、お迎えはパートナーなど使い分けて利用することもできます。防犯上の安全面がしっかりと守られる上に、何度も本人と連絡を取らずに遠くから見守っていけるサービスは自立しようとする子供のサポートという意味でも安心です。

ピックアップ記事

携帯をうまく利用する通学の防犯

時代が変わればという言葉をよく耳にしますが、一般の家庭においても他人事ではなくなっているのが今の時代です。子供は外で元気よく遊ぶというのは、まるで遠い昔のことのようになってきた昨今です。というのも、現...

通学する時における防犯上の注意点とは

小学校生活に入ると、自分で鍵を持って出かけたり、親が外出中に家に自分で戻るといった事が始まる時期でもあります。小学校中学年以降になると、学習塾へ電車を使って通学する児童が多いです。子供達が通学や通塾で...

子どもの通学や夜間の防犯対策を考えるのなら

日本は世界の中でも生活水準が高く治安が良い国と言われており、子どもや女性でも自由に外を行き来出来る環境が整っていると言えます。とはいえ、近年は女性や子どもがさまざまなトラブルに巻き込まれるケースもある...

通学に求められる防犯と見守りについて

子供を持つ親が心配な1つに通学過程があります。特に中学生以下の場合には心配も多く、ここでは防犯・見守りに関して考慮することが大切になります。これまでも送り迎えや、危険を感じたら店舗に駆け込むなどの指導...


ポイント