子どもの通学や夜間の防犯対策を考えるのなら

   

日本は世界の中でも生活水準が高く治安が良い国と言われており、子どもや女性でも自由に外を行き来出来る環境が整っていると言えます。とはいえ、近年は女性や子どもがさまざまなトラブルに巻き込まれるケースもあるために、やはり防犯対策や自己防衛の意識を持つことは安心して生活を行う為にも必要な事になってきました。
特に夜間に関しては日中と街の様子が大きく変わってしまったり、人通りが極端に少なくなる場合もあります。子どもであっても電車通学を行っていたり、塾や習い事に通って帰宅時間が遅くなってしまう場合も少なくありません。
親の立場で考えてみると子どもが学校や塾、友達と遊びに行っている時でも、外に出ている間は何かしらのトラブルに巻き込まれていないか帰宅するまで心配が絶えないという気持ちが本音であるとも言えます。

子どもを過干渉せずに行動を把握したい場合には

親であれば誰しもが子どもの安全を守りたいと考える事は当然であり、外に出かけている間は今どこに居て何をしているかを把握していたいと考えるものです。とはいえ、こまめに子どもに所在を確認する事は、自尊心を傷つけたり余計な反感を抱いて素直に返答が出来ない子どもを生み出す可能性もあるのです。
子どもを過干渉せずにある程度の行動を把握できるシステムとして、JR東日本の駅自動改札にICカードを使用して通過すると、保護者へ「通過時間・利用駅・チャージ残額」を知らせてくれる見守りサービスがあります。
このサービスはメールでの通知とアプリによる通知を選ぶ事ができ、アプリによる通知を選べば、履歴の確認も20件まで簡単に行う事も出来るのです。駅の通過時間を把握できれば、迎え時間の予定が立てられたり、子どもの行動をある程度把握できるため安心です。通学や塾などに通った際の夜間の防犯対策としても一役買ってくれます。

安心の対応と低コストで利用しやすい特徴

このサービスは子どもがいつも使用しているICカードを利用して登録することが可能である為に、サービス専用の端末などを購入する初期費用も一切必要ありません。月々の利用料金は、1人につき月額500円(税抜)であり、ランニングコストも低価格で抑えられるために使いやすいサービスと言えます。
通知先の2件目登録も月額100円(税抜)を加算すれば利用が可能です。子ども2人分のサービスを使ったとしても、初期費用も必要なく月額1,000円(税抜)です。支払い方法はクレジットカードであり、会社も6種類から選べるために便利です。契約更新時の手数料なども一切必要なく、初期費用もかからないために、気軽に登録して試してみることも可能なのです。子どもが電車に乗り降りしたことをリアルタイムで把握出来るサービスが低コストで利用しやすい魅力があるのです。

ピックアップ記事

携帯をうまく利用する通学の防犯

時代が変わればという言葉をよく耳にしますが、一般の家庭においても他人事ではなくなっているのが今の時代です。子供は外で元気よく遊ぶというのは、まるで遠い昔のことのようになってきた昨今です。というのも、現...

通学する時における防犯上の注意点とは

小学校生活に入ると、自分で鍵を持って出かけたり、親が外出中に家に自分で戻るといった事が始まる時期でもあります。小学校中学年以降になると、学習塾へ電車を使って通学する児童が多いです。子供達が通学や通塾で...

子どもの通学や夜間の防犯対策を考えるのなら

日本は世界の中でも生活水準が高く治安が良い国と言われており、子どもや女性でも自由に外を行き来出来る環境が整っていると言えます。とはいえ、近年は女性や子どもがさまざまなトラブルに巻き込まれるケースもある...

通学に求められる防犯と見守りについて

子供を持つ親が心配な1つに通学過程があります。特に中学生以下の場合には心配も多く、ここでは防犯・見守りに関して考慮することが大切になります。これまでも送り迎えや、危険を感じたら店舗に駆け込むなどの指導...


特徴