通学に求められる防犯と見守りについて

   

子供を持つ親が心配な1つに通学過程があります。特に中学生以下の場合には心配も多く、ここでは防犯・見守りに関して考慮することが大切になります。これまでも送り迎えや、危険を感じたら店舗に駆け込むなどの指導が行われているものの対応が難しくなるケースも多く、例えば、送り迎えは共稼ぎなどでは十分な対応はできません。また、小学校からはひとりで学校に通うケースも多く、道に迷わないかといった不安もあります。現在、都市部をはじめとして電車での通学に対して新しいサービスが提供されており、ここでは自宅の最寄り駅から目的地の降車駅など、改札を通過した時にメールで子供の行動を確認することができます。小学校など携帯電話が禁止されているようなケースでは非常に便利なサービスであり、防犯性も高く親は安心して子供を外出させられます。

交通系ICカードを使った新しいサービス

最近、電車通学で注目を集めているサービスが交通系ICカードを使用したものです。このサービスは、予め登録された保護者に通過時刻と利用駅・チャージ残高を知らせることで子供の行動を把握することができるようになっています。自宅の最寄り駅、降車駅の改札を通過した時間からおおよその帰宅時間を前もって知ることができ、例えば雨の日の出迎えや子供が帰宅する前に買物などの用事が済ませられるなど、計画的に時間を使うことが可能になります。交通系ICカードによるサービスは、子供への過度の干渉をせずに見守ることができます。仮に帰りが遅くなった場合などでは、親はついつい干渉しがちになりますがサービスを利用することで居場所を推測することができるようになり、距離感をもって子供と接することもできます。

サービス利用に関する具体的内容について

交通系ICカードによる見守りサービスにはメール、アプリの2つの通知方法が用意されており、メールは携帯電話会社が提供しているアドレスの他にフリーメールでも登録をすることができます。料金は子供1人・通知先1件登録で月額500円になり、2件目登録では月額100円が加算されます。一度の申込で最大5人までの子供の申込をすることができ、契約は提携先である警備保障会社と行います。
見守りサービスでは改札通過時の情報のみがメールで通知されます。改札通過通知だけでなくチャージ残高もメールで通知され、残高を確認することができるために不足になる前にチャージをすることが可能になります。大きなメリットは改札通過履歴から子供のおおよその居場所を推測できることがあり、親はもしもの時も安心して待つことができます。

ピックアップ記事

携帯をうまく利用する通学の防犯

時代が変わればという言葉をよく耳にしますが、一般の家庭においても他人事ではなくなっているのが今の時代です。子供は外で元気よく遊ぶというのは、まるで遠い昔のことのようになってきた昨今です。というのも、現...

通学する時における防犯上の注意点とは

小学校生活に入ると、自分で鍵を持って出かけたり、親が外出中に家に自分で戻るといった事が始まる時期でもあります。小学校中学年以降になると、学習塾へ電車を使って通学する児童が多いです。子供達が通学や通塾で...

子どもの通学や夜間の防犯対策を考えるのなら

日本は世界の中でも生活水準が高く治安が良い国と言われており、子どもや女性でも自由に外を行き来出来る環境が整っていると言えます。とはいえ、近年は女性や子どもがさまざまなトラブルに巻き込まれるケースもある...

通学に求められる防犯と見守りについて

子供を持つ親が心配な1つに通学過程があります。特に中学生以下の場合には心配も多く、ここでは防犯・見守りに関して考慮することが大切になります。これまでも送り迎えや、危険を感じたら店舗に駆け込むなどの指導...


重要点